パティシエになるのに必要なことって何なのか

パティシエなるまでの流れ

お菓子

近年、色々なところで製菓店を目にしてきて、パティシエも男女問わず人気の職業として浸透してきました。今回はパティシエになるまでの流れを紹介していきます。
パティシエになるうえで、一般的に知られている方法でもある専門学校に通うことです。パティシエはお菓子のことに関する知識もそうですが何よりも技術を必要とする専門職です。お店で販売されているオリジナルの商品は、様々な国の伝統的なお菓子を基盤としているものも多くあります。ですから、様々な種類のお菓子を作るための技術を身につける必要があるのです。そのため、パティシエを目指す人の多くの人はお菓子作りの基礎を学ぶために専門学校に通って勉強をします。そして卒業後に洋菓子店やホテルなどに就職をしてパティシエとして働くというのが一般的な流れです。パティシエになるための専門学校の中にもカリキュラムも異なっていれば、力を入れていることも違います。自分がどんなことをしっかり学びたいのかを明確にしてから学校を選ぶといいでしょう。
次の方法は専門学校には行かずに店舗に就職して勉強することです。パティシエは必要とする資格が無いので、学校に行かないとなれないという職業ではありません。製菓店やレストランの中には未経験者を採用している店舗も多くあるので、現場の中でパティシエになる上で必要な技術を修得していくことが可能です。
先に学校に通ってしっかりと技術を身につけてから仕事をするか、最初から仕事の中で技術を身につけていくかは自分の将来などもしっかりと考えて決めるといいでしょう。

調理

調理師になる方法

料理をすることを仕事にするのに、調理師専門学校に行った方がいいのか就職してから仕事の中で勉強した方がいいのか。ここでは、両方のメリット・デメリットを紹介していきます。

パン

ブーランジェへの近道

ブーランジェとはパン職人のことです。私たちの食生活に新鮮なパンを届けてくれるブーランジェの仕事内容となるまでの簡単な流れとなるうえで大切な事を簡単にまとめてみました。

料理

社会人から調理師になる

一度社会にでて働いたあと、将来の夢や転職などの理由で調理師免許取りたいと思っていませんか。専門学校に行って調理師免許を取りたいけど何を基準に選んでいこうかと頭を悩ませている人に調理師専門学校を選ぶ時のポイントを紹介していきます。